永久歯列期の矯正治療

反対交合(受け口)

上下の噛み合わせが逆

 

前歯の前後的位置の改善により、口唇閉鎖時の口元(側貌)が大きく変わる。上顎の成長不良などによる上顎と下顎の前後的なズレや歯の生える向きにより、上下の歯が逆に噛みあう症状。

 

反対交合(受け口) 治療前
治療前

反対交合(受け口) 治療後
治療前

多くの場合、反対咬合の症例は上下前歯が永久歯になる時点での治療(1期治療)することが望ましいのですが、長期の観察をして成長がほぼ落ちついた時期に永久歯列期治療をして完了する症例もあります。骨格のズレが、あまり大きくなければ大人(永久歯)になってからでも矯正治療により治すことはできます。

しかし、骨格のズレが大きすぎた場合は顎変形症として外科手術を必要とする場合もあります。

保険治療の顎変形症

ページトップへ戻る

院長は、 大学病院矯正科で10数年の臨床経験をもち、歯学博士の資格を取得していますので、専門医による矯正歯科治療を安心して受けて頂くことができます。
矯正歯科についてのご質問も受付けておりますので、歯並びにお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

地図 初診予約受付 ご相談・お問い合わせ

藤村矯正歯科医院

< 初診相談専用ダイヤル >
0120-923-798
< ご相談・お問い合わせ >
04-2928-7022

新所沢駅西口 徒歩3分

〒359 -1111
埼玉県所沢市緑町2-6-15
第2KIビル3F

アクセス